【ブロックライズ】ありそうでなかったクレジットカード:仮想通貨を還元

仮想通貨をチャージして使う事が出来るデビットカードは世の中に出回ってきましたが、仮想通貨とクレジットカードの組み合わせはほとんど耳にする事がありませんでした。

今回紹介するブロックライズカード(blockrize card)は、決済金額の1%をビットコインかイーサリアムで還元されるという機能が付いたクレジットカードになります。

決済金額の一定のパーセントをポイント還元する楽天カードやAmazonカードの、仮想通貨バック版になります。

残念ながら未だ実用化には至っておらず、どの国際ブランド(VISAやMaster)と提携するのかも発表されていませんが、ホームページ上では2018年中の実用化を目標にしていると記載があります。

今回はブロックライズカードの概略について見ていこうと思います。

blockrize社について

運営はアメリカのスタートアップ企業です。
❒社名:blockrize Inc.
❒設立:2018年
❒設立者:Jason Camp, Thomas Harrison
公式ホームページ
公式Twitter

まだかなり小規模の会社の為、ネットで検索してもほとんど情報ありませんw

blockrizeカードの特典

前述済みですが、決済金額の1%がビットコインかイーサリアムで還元されます。
実際のクレジットカード発行はblockrizeのパートナー銀行から発行される予定ですが、詳細は未だ分かっていません。

HP上の情報では、還元されたビットコインとイーサリアムはblockrizeのアカウント(ウォレット)に貯まっていくようです。手数料はかかりますが、blockrizeのアカウントから他のウォレットへ送金できます。

blockrizeのアカウントに還元されるビットコインとイーサリアムには一切の手数料はかからず、決済金額の1%が丸々もらえる事になります。

blockrizeカードのセキュリティ

当然と言えば当然ですが、blockrize社はセキュリティを最重要視しています。
主な特徴は下記です。
● 大多数の顧客の資金をコールドストーレージ管理
● SSL機能にてセキュリティ強化
● AES-256という暗号化技術にてウォレットと秘密鍵を管理
● 資金引出や各種操作に二要素認証(two-factor authentication)を要求
※ワンタイムパスワード等も二要素認証の一つです。

どれも仮想通貨やっている人なら聞いた事ある機能ですね。

blockrizeカードの申請

まずはblockrizeのホームページからwaitlistへ登録します。

➊下記画面のEmail addressへ自分のアドレスを入力

 

❷次に下記ウィンドウ画面で、First NameとLast Nameを入力して、Join the waitlistをクリック

その後、自分が何番目の待機者なのか表示されます。
その時のキャプチャを撮り忘れてしまいましたが、私は確か6,376番目でしたw

以降のスケジュールについては、現時点でアナウンスされていません。

まとめ

未だ実用化されておらず、正式にいつから運用開始になるのかも発表されていません。
クレジットカードの発行になると、当然各々申請者の与信審査等もあるはずなので、今後のどのようなアナウンスがあるか気になるところです。

Twitterは小まめに更新されているので、気になる方はチェックしてみて下さい。

自分は年間100万円以上クレジットカードをつかっているので、このような「仮想通貨バック」のクレジットカードが出てこないか心待ちにしてましたw

仮想通貨がもう少し世の中に広まり、各国での規制枠組みが整備されれば、同じような機能をもったクレジットカードも出てくるような気がします。

実用化されれば、確実に需要が見込めるのではないでしょうか。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank