【ペーパーウォレット&貸金庫】一番安全な仮想通貨の保管方法を考えてみた

2017年末から仮想通貨投資を開始し、皆さん同様大暴落を経験し大きく資産を減らした時期がありましたが、3月になってついに評価額が投資額を超えてきました。

要因はバイナンスコイン(BNB)をほぼ底値で拾えた後、価格が3倍以上に爆上げした事、Cross ExchangeのXEXトークンの値上がり&配当が大きいです。

またビットコインも定期的に買い増ししており、平均購入単価が60万円を切るような価格まで下がってきました。

2017年末に開始した当初は、まさかここまでの額を投資するなんて考えてなかったですし、実際に収支がプラスになってきたここ最近、真剣にどうやって自分の暗号資産を守るのが一番安全か考えるようになってきました。

仮想通貨(暗号通貨)は電子データである以上、株や投資信託や不動産などの他の金融商品と違い、常に盗難・ハッキングのリスクと隣り合わせです。

無くなってしまったら困る額を投資している方々は、この機会に一度保管方法について考えてみてはどうでしょうか。

ちなみに、2018年の仮想通貨のハッキング等による被害額は約2,000億円と言われています。

大きく報道されている被害額で約2,000億円なので、一般人のハッキング被害や、世間に公表されていない分まで含めれば、ゆうに2,000憶円は超えるでしょう。

尚、タイトルは「一番安全」としていますが、自分のような一般人でもできる対策を前提としています。国や軍、大手企業が対応しているようなセキュリティ対策はもちろん除きますw

 

仮想通貨の保管方法

大きく分けると、仮想通貨の保管方法にはオンラインで関するか、オフラインで関するかの2つに分けられます。

共にメリット、デメリットがあり、オンライン型(ホットウォレット)のウェブウォレットやモバイルウォレットは常時インターネットに接続されている為、好きな時に即座に仮想通貨を移動する事が出来ますが、その分ハッキングリスクに常にさらされています。

オフライン型(コールドウォレット)のハードウェアウォレットやペーパーウォレットは、ネットから遮断されている分、オンライン型のホットウォレットに比べセキュリティが高いですが、専用のデバイスを使って入出金が必要になる事や、デバイス自体を購入しないといけなかったりと利便性に劣ります。

簡単に代表的な保管方法を下記に説明します。

ウェブウォレット
これは仮想通貨に触った事がある人なら誰しも使った事がある取引所での保管の事です。取引所が秘密鍵を管理しているので、取引所にアクセスさえすればいつでも入出金が可能です。

ただ、コインチェックやザイフのハッキングで2018年に大問題になった通り、各ユーザーの秘密鍵の管理は取引所がしており、取引所の管理がずさんですと、ハッキングされ資産を盗まれてしまうリスクがあります。

取引所の管理体制や管理方法まで調べる事が出来ないので、大金を預けるのは避けた方がいいです。

 

ソフトウェア(モバイル)ウォレット
パソコンやスマホに専用のソフトやアプリをインストールして使うウォレットです。

自体のパソコンやスマホにウイルスが仕込まれたりハッキングされたりしない限り、ウォレット内の仮想通貨を盗まれる事は無い為、取引所の管理に比べると安全性は高いと言えますが、基本オンライン下での保管になり、また秘密鍵は自分で管理しないといけません。

 

ハードウェアウォレット
USBのような外付けのデバイスで、この中に自分の仮想通貨の秘密鍵を暗号化して保管します。

このデバイスにビットコインやイーサリアムなどを保管するのではなく、取り出しが必要な際に保有している仮想通貨のブロックチェーンにアクセスし、デバイスに保管している秘密鍵を使って仮想通貨を動かすという流れです。

代表的なハードウェアウォレットとしてLedger Nano S(レジャーナノエス)やTRAZOR(トレザー)が有名です。

外付けのデイバスで保管するので、デバイスのアップデートや、仮想通貨を動かす時以外はオフラインになる為、外部からのハッキング耐性には非常に強いです。

またデバイスが故障したり紛失したりしても、パスフレーズをちゃんと保管しておけば復元する事が可能ですので、デイバイの管理とパスフレーズの管理さえ徹底していれば、非常に安全な保管手段になります。

 

ペーパーウォレット
文字通り紙に秘密鍵を印刷する方法です。
QRコードから読み取る事が出来る為、緊急時でもすぐに資金を動かす事ができます。

もちろんインターネットに繋がっていないので、紙の保管さえ徹底すれば外部からのハッキングリスクは限りなくゼロです。

基本的にペーパーウォレットはリスク管理の観点から、一度使ったら同じウォレットは二度と使わないようにすべきなので、ウェブウォレットやモバイルウォレットのような利便性はありません。

完全に長期保管する人向けです。

尚、紙にアドレスと秘密鍵が印刷されていますが、ペーパーウォレット作成時にパスワード設定もできる為、なんかの拍子に覗き見された位ではデータを盗まれる心配もありません。

下記はビットコインのペーパーウォレットの一例(Bitaddress.org)です。

✅Bitaddress.org

ハードウェアウォレットと違い、この紙を紛失したり火事で焼失したりすると、二度と復元する事が出来ず、自分の仮想通貨にアクセスできなくなります。

外部からのハッキングに非常に強い代わりに、どのように保管するかがとても重要です。

 

ハードウェアウォレット vs ペーパーウォレット

取引所(ウェブウォレット)とモバイルウォレットは、オンラインで繋がっている事が多くハッキングのリスクにさらされているので、安全性という点からこれらの保管方法は外れます。

残ったハードウェアウォレットとペーパーウォレットどちらがより安全かですが、

ハードウェアウォレットのデメリット
●製造メーカーが今後数十年と生産継続する保証が無い
●ソフトウェアのアップデートのバグ等でデータが飛んでしまう可能性がある
●機械なので故障するリスクがある(寿命がある)
●PINコード(パスワード)や復元に必要なパスフレーズなど管理する項目が多い
●PCへの接続が多く、覚えないといけない操作項目が多い

正確に言うと、製造メーカーが倒産したりデバイスが故障したとしても、同じパスフレーズが使えるウォレットがあれば復元する事は可能ですが、ペーパーウォレットには上記ハードウェアウォレットのデメリットがありません。

あと自分みたいなIT機器の操作がイマイチ得意でない人間にとっては、最後の「覚えないといけない操作項目が多い」っていうのは地味にマイナスポイントです。

万が一セルフゴックスしたらどうしよう…みたいにビビりながらPC越しに操作するのは、精神的によろしくないですw

逆にハードウェアウォレットは複数の仮想通貨に対応している為、ペーパーウォレットが対応していない仮想通貨の管理ができたり、複数の仮想通貨の秘密鍵を一つのデバイスで管理できます。

ただ、今回のブログのタイトルでもある「最も安全な保管方法」でいくと、ペーパーウォレットが一番安全という結論になります。

ペーパーウォレットはその紙自体を無くしたら完全終了なので、残る問題はどこに保管するかですが、色々ネットの情報をあさったり自分でも考えた結果、最終的に行きついた結論は「銀行の貸金庫」でしたw

ビットコインのモットーは国や政府の中央集権的存在の管理下にない自由な暗号通貨なので、「銀行の貸金庫」に最後に頼ってしまうのは少し矛盾している気もしますが、天災や泥棒などの予期せぬ災難を考えた時、個人で保管するよりはよっぽど安全です。

以上、今回のブログタイトルの答えは「ペーパーウォレット+貸金庫」なんですが、最後に日本の大手銀行の貸金庫の費用について簡単にまとめてみました。

ペーパーウォレット自体は無料で作れますが、貸金庫のレンタル料を考えると、最終的にハードウェアウォレットよりも高くなりますので、その点ご承知おきくださいw

 

銀行の貸金庫サービス・価格一覧

日本には地銀含めるとかなりの数の銀行がありますが、総資産額の大きさと保有している貸金庫数はある程度比例するので、利便性等も考慮し大手銀行中心で調べてみました。

総資産額の順番でいうと、三菱UFJ、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友という順番ですが、ゆうちょは貸金庫を扱っておらず、みずほは直接店舗に問い合わせしないと値段等の詳細が分かりませんでした。


画像参照:stockclip

 

意外にも福岡銀行がメガバンクに次ぐ大きな銀行で、貸金庫サービスも提供してので、今回比較リストに入れました。

下記は三菱、三井住友、福岡銀行の比較表です。


※総資産額はサイト名:stockclipの2018年を参照
※貸金庫の費用は2019年3月19日時点の各社HP参照

上記以外の銀行も調べてみましたが、どこも年間2万円~3万円ほど保管費用がかかります。

そう考えると、大手ほど価格が安い傾向にあり、三菱も三井住友も年間16,000円程度で、福岡銀行に至っては年間12,960円と月に1080円です。

上記3社の最小サイズの貸金庫でも、十分ペーパーウォレットが入る大きさなので、数百万円~数千万円分のペーパーウォレットであれば、年間15,000円ほど払っても預ける価値はあるでしょう。

ただ、この貸金庫、誰でもすぐに借りられるかと言うとそうではなく、銀行による審査があり、かつ必ず預け先銀行の口座を開設していないといけません。

気になる方は各行のホームページで調べてみてください。
✅三井住友銀行の貸金庫について

今後ビットコインなどの保有仮想通貨が更に値上がりしてくるようであれば、真剣に「ペーパーウォレット」+「貸金庫」の現在考えられる最も安全な保管を検討しようかなと考えてます。

今後もちゃんと値上がりしてくれればですがw

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank