キャッシュバック仮想通貨:COINCOME(CIM)の特徴・将来性

ありそうでなかった、キャッシュバック関連の仮想通貨が2018年に誕生しそうです。
名前はCOINCOME(CIM)で、なんと日本発の仮想通貨になります!
ついに来たか!という感じです。

かなり規模の大きなプロジェクトなのですが、まだネットでもTwitterでもそこまで話題になっていないのが不思議です。ここではCOINCOMEの概略を書いていきたいと思います。

COINCOMEとは

簡単に言うと、このCOINCOMEを通して対象の店舗で買い物をすると、所定の%がCIMという仮想通貨としてキャッシュバックされるという仕組みです。

世界初のブロックチェーン技術を使った分散管理型キャッシュバックサイトを目指すプロジェクトです。ブロックチェーン技術は、COINCOMEサービス等の各種履歴の台帳管理トラッキング用途に使うとの事です。

COINCOMEのWHITE PAPER

CIMと楽天ポイントやAmazonポイントとの決定的な違いは、CIMは仮想通貨という点です。

White PaperのVer1.01には、CIMのスペックは細かく記載なかったのですが、Youtubeにあがっている動画でCIMはERCトークンであることをCEOの金光さんが言及してますので、イーサリアムのプラットフォームで動かす予定なんですね。

発行枚数については明確に記載されている資料は見つけられなかったんですが、White Paperの下記CIM grant ratioの数字を合計すると25,000,000,000(250憶)CIMになります。XRP(1,000億枚)には及びませんが、最大発行枚数はかなり多いですね。

コンセンサスアルゴリズム(POW or POS)の情報や、マイニング方式等の情報も見つけられなかったんですが、保有量に応じて配当があるようなので、POS通貨なのかもしれません。

<ホワイトペーパーから読み取れるコインのスペック>
■仮想通貨名:COINCOME
■略称:CIM
■ブロックチェーン:イーサリアム(ERCトークン)
■最大発行枚数:25,000,000,000 CIM?
■コンセンサスアルゴリズム:POS?

 

COINCOME入手方法

他のキャッシュバックサイトと同様に、COINCOMEを経由した買い物でポイントとしてCIMを入手できます。その他にもアンケート協力、アプリのインプレ、友達紹介の報酬等々いろいろな方法でCIMを入手できます。仮想通貨では当たり前ですが、上場した取引所でも購入可能です。

 

COINCOMEで実現する事

ここがCIMが仮想通貨であることが、最大限活かせるところになります。
獲得したCIMを「電子マネー等に換える」、「ポイントやギフトへ交換する」個人間同士の支払いに使う」、「CIMを資金にICO等のプロジェクトへ参加する」、「他仮想通貨へ両替する」、「ブロックチェーンゲームに使用する等々が挙げられます。

この換金性のよさは、まさに仮想通貨ならではです。

そしてCOINCOMEは、現在キャッシュバックサイト利用者の70%が抱えているという、下記3つの不満を仮想通貨とブロックチェーンの2本立てで解消していく事を標榜しています。

◎キャッシュバックのリベート額が少ない
⇒ブロックチェーンと仮想通貨の利点を最大限に活かし、レギュラーユーザーに月間50$程度のキャッシュバックを出せる見込みが立っている。

◎キャッシュバックのスピードが遅い
⇒リアルタイムに仮想通貨CIMを付与する事で解消

◎キャッシュバックの対象製品が少ない
⇒既にグローバル規模で300社以上と提携済み(楽天がバックについてる)
 *後ほど提携済みのビックネームについて言及します。

 

COINCOMEの運営者

運営は日本人が行うのですが、運営会社のMakers Farm PTEはシンガポールに登記されている会社でした。この辺は仮想通貨の規制がキツイ日本での登記を避けた形なのでしょう。設立は2018年5月16日なので、COINCOMEのプロジェクトの為に設立した会社だと思われます。

CEOの金光さんは「げん玉」というキャッシュバックサイトを運営するリアルワールドという会社出身で、このげん玉というサイトは現在会員1000万人を誇る有名なサイトのようです。スミマセン、私リアルワールドという会社もユニメディアという会社も初耳だったので、どれだけスゴイのか良く分かっていませんw

CEO:金光善浩氏 現楽天証券(元リアルワールド取締役)
CMO:富永昌宏氏 現楽天マーケティング(元ユニメディア取締役副社長)

また、マーチャント・バンカーズという東証二部の会社が、MAKERS FARM Pteに資本提供する事が決定しているようです。業務提携に関する基本合意のお知らせ

 

COINCOMEの提携先

これが一番驚くところなのかもしれません。
White Paperにデカデカと既に300社と提携済みと記載されてます。AmazonAppleMicrosoftというビックネームと提携済みという事になります。 プロジェクトが本格的に動き出したら提携先は1,000社程度にな予定と説明があります。

既にこれだけのビックネームと提携済みという事は、上場後にプロジェクトが実現できる可能性は、他の仮想通貨よりも明らかに高いんじゃないでしょうか。

まとめ

キャッシュバックマーケットは、市場規模約10兆円と言われています。
そんなマーケットに日本の仮想通貨で、これだけ実現性が高いものが出てきた事は素直に嬉しく、今後の発展に期待が持てます。

既に取引所2社から上場の内定をもらっており、11月に上場予定との事です。

ただ、まだ懸念点とまではいかないですが、今回のCOINCOMEの動向をみて、競合他社のMr.RebatesTopCashbackというアメリカの2台巨頭も何か仕掛けてくるかもしれません。このまま静観してるだけとは思えないんですよね。(この2社は規模的にはCOINCOMEが提携しているEbatesと同じ位です)

しばらくは、COINCOMEの動向に注目していこうと思います。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank