【ビットコイン】クラウドマイニング:Bitclub Networkについて

【注意点】
2018年9月の段階では、ビットコインの価格低迷、ハッシュレート、Difficultyの大幅な上昇により、ほとんどのクラウドマイニングでは初期投資額の回収は非常に難しい状況になっています。クラウドマイニングを推奨する記事ではありませんので、その点ご了承下さい。

ビットクラブはビットコインのみならず、イーサリアムやイーサリアムクラシック、モネロ、Zcash等のアルトコインのマイニングをしている会社になります。詳細はビットクラブ公式HPで確認下さい。

ビットクラブは個人から投資を募り、その資金で最新のマイニングマシンを購入し、得られた利益を投資家へ分配するシステムを採用しています。

参加者からすると、自分でマイニング機器を揃える必要が無い為、簡単にマイニング投資に参加できるといったメリットがあります。

参加者は自分の予算にあわせて、4つのマイニングプール(500USD、1,000USD、2,000USD、3,500USD)から選ぶことが出来ます。マイニングマシンの契約(稼働)期間は1,000日間になります。

2017年から徐々にマイニングビジネスが有名になり、既に世の中には沢山のマイニング業者が存在していますが、私がビットクラブを選んだ主な理由は下記になります。

・実際にブロックチェーン上にマイニング履歴がある
⇒世界には数えきれないほどマイニング企業がありますが、実際にブロックチェーン上で採掘履歴を確認できる会社は限られています。*最下段にビットクラブのマイニング実績が確認できます。


出展:BLOCKCHAIN INFO

・ビットメインとビットヒューリーと提携している
⇒ビットメインは世界最大のマイニングマシン製造メーカーで、ビットヒューリーはそのマイニングマシンに使われるICの世界シェア70%~80%を占めていると言われています。

・複利で運用できる
⇒マイニング収益を自分のマイニングマシンへ再投資する事により、複利運用が可能です。
ビットクラブはマイニング収益をそのままもらう事と、再投資どちらかに回すことが出来ます。
再投資額が親機の5%に達する度に子機が生まれ、マイニングパワーが増えていきます。
500USDの親機の場合は25USD貯まると子機が1機増え、マイニングパワーが1.05倍になります。
尚、新しく誕生した子機は親機と同様、1,000日間マイニングします。

・潤沢な資金
⇒BTCの資産だけでも、ブロックチェーン上に約13,355枚(9/3時点)持ってます。

・ビットコイン全体のハッシュレートの上位に位置する
⇒ハッシュレートとはビットコインをマイニングするコンピューティングパワーの事で、このハッシュレートが高ければ高いほどマイニング報酬を得られる確率が高くなります。ビットクラブはビットコインの全体のハッシュレートの3%前後を占めており、だいたいTOP10に入っています。

*ビットクラブは紹介制度でも有名(それゆえに怪しいと思われがち)ですが、
自分は今まで誰にも紹介していないし、今後もするつもりはありません。
自分の周りでビットクラブやってる人は、紹介無しの自力でやってる人結構多いです。

ハッシュレートのほうは、最近は1200~1300PH/sで推移しています。
前アナウンスの予定通り進んでいれば、8月中に2,000PH/sいってたハズなんですが、現状スケジュールから遅れています。

直近の配当は物足りないんですが、他の金融商品に比べれば全然利率良いほうなんですよね。

2018年8月の実績は月利1.6%でした。
■獲得BTC:0.00888BTC × 平均BTC価格:720,000円=6,394円
プラン:3,500USD=390,000円
月利:1.6% (6,394円÷390,000円)

下記が3,500ドルプランの本日時点までの集計状況です。
現状赤字覚悟でマイニングに参入してくる業者が非常に多く、Difficulty(マイニングの難易度)が急激にあがっているのに加え、ビットコインの価格が上昇していない為、報酬額としては厳しい状況です。。

<ビットクラブ 3500USDプラン状況>

現状では元本回収不可能な状況ですが、将来的にBTCの価格が上がると想定しているので、今は目先の報酬に一喜一憂せず、長い目でみていこうと思います。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank