ビットクラブ:マイニング停止機能が追加【1000日間のカウントダウンストップ】

先日もブログで報告させて頂いている通り、現在ビットクラブの収益率が非常に悪く、このまま続ければガッツリ原資割れする状況です。

2019年4月11日現在、3,500USDのプールで1日あたり0.00003BTC(約17.5円)の報酬です。

単純計算でも原資の5%程度しか回収できない事になります。

✅最新のビットクラブ収益状況
ビットクラブの収益状況と各マイニング機械の利益率【19年3月末時点】

そんなビットクラブに最近「マイニング停止機能」が導入されました。

これは何かと言うと、ビットクラブは500USD 1,000USD 2,000USD 3,500USDのどのプールを購入しても、その後1,000日間はプールの規模に従ってマイニング報酬を受け取る事が出来るのですが、この1000日間のカウントダウンを一旦停止できる機能です。

現状のマイニング報酬を考えると、どう考えてもむやみに有効マイニング日数を減らさずに、ビットコインの価格回復を待って再稼働させたほうが賢明です。

今回はどうやってマイニングを停止させるのかをまとめました。

数ステップで稼働停止できるので、プロセス自体は非常に簡単です。

まず「MY ACCOUNT」から「MINING EARNINGS」をクリックします。

そして下段にスクロールしていくと上記画面の「PAUSE POOL」というボタンがあるので、それをクリックすれば、自分が購入したプールのマイニングを一時的に停止させる事が出来ます。

停止した後の表記は上記の通り「PAUSED」になり、右側に停止した日時が表示されます。

尚、再稼働させたい場合は緑色の「ACTIVATE POOL」をクリックすればOKです。

ただし、PAUSEDの状態で90日経過すると自動で再稼働されるようなので、90日以降もマイニングを停めておきたい場合は、90日後の日付を覚えておく必要があります。

まぁ覚えておかなくても「PAUSED FROM」がマイニング停止した日なので、ここから逆算して90日後がいつになるかは簡単に計算できます。

直近でビットコインの価格が60万円に近づいているにも関わらず、30万円台後半の時とビットクラブの収入がほとんど変わっていないのは気がかりですが、まだマイニング有効期間が700日程度残っているので、今後のビットコイン価格上昇に期待して、ここは一旦マイニングを停止する事にしました。

真意は定かではないですが、中国政府が今後中国国内でのマイニングを禁止する意向であるという噂がニュースになっています。

ビットコインだけでなくビットコインキャッシュにも中国のマイニング業者が多く関わっているので、ビットコインの価格だけでなく、中国のマイニング動向も気になるところです。

ちなみに、毎月コツコツとビットコインを買い続けて来た結果、とうとう評価額が平均買い付け価格を上回りました。

2018年に散々騒がれたビットコインETFもまず2019年中の承認は無いだろうというのが大方の予想ですが、ビットコインの現物買いは今後も続けていくつもりです。

今が絶好のBTCの買い時だと思っているので、数年後の答え合わせがどうなるか楽しみです。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank