Bitclub(ビットクラブ) 複数アカウントのKYC一括登録方法【KYC認証のコツ】

Bitclubの出金にKYC登録が必須になりましたが、以前KYCに関する記事を書いたあと、何通か問い合わせのメールをもらいました。

BitclubからKYCについての分かり易い解説が出てないので、やっぱり自分同様、皆さんも結構KYCの登録に苦労されている事が分かりましたw

未だにKYCへのダイレクトURLがサイト内に用意されてないので、運営の方には早々に対応してもらいたいですね。。

今回はKYC関連のキーポイントと、複数アカウント(サブアカウント)の一括KYC承認方法についてまとめてみました。

今回KYCの詳細手順については省きますが、以前記事にしている下記記事で手順について説明しているのでご参照下さい。

BitclubのKYC登録手順の記事
✅Bitclub(ビットクラブ) 収益状況・GPUマイニング再開の見込み【出金にKYCが必須になりました】

 

KYCに必要な書類と写真の最大容量

まずBitclubのKYCに必要は書類は下記になります。

✅パスポート or 運転免許所
✅現住所が確認できる公共料金や携帯電話の請求書

何をもってKYC認証をしているかというと、パスポートと運転免許所で「パスポート番号 or 運転免許所の番号」、「本人の顔写真」を確認しており、公共料金の請求書等で「現住所」の確認をしています。

原則パスポートでの承認になるので、極力パスポートでの申請がベターです。

またKYCを進めていると上図の画面でパスポートor運転免許所を「PHOTOCOPY OF ID」に、公共料金等の請求書を「PHOTOCOPY OF UTILITY BILL」にアップロードしますが、この時に「413 Request Entity Too Large」のエラーになるけどどうすればいいの?といった問い合わせを何件か頂きました。

自分も同様のエラーをくらいましたが、極力写真サイズを小さくしたところ受け付けてもらえました。

Bitclubの注意書きでは1MB以下となっていますが、初回は1MB以下で抑えてもエラー表示されてしまいました。

2つあわせて0.5MBほどに抑えたところ受け付けてもらえたので、極力サイズを抑えれば大丈夫だと思います。

 

現住所の入力は英語と漢字を併記してみる

また、KYC登録には現住所を記載する箇所がありますが、日本の公共料金の請求書は通常英語表記になっていないと思うので、日本語と英語を併記する形で入力しましょう。

上記は一例ですが、アルファベット表記の横に日本語を付け加えます。こうしておけば、公共料金の請求書が日本語表記のみだったとしても、承認作業するオペレーターが照合しやすくなると思います。

自分のアカウントはこの記載方法で申請した後に承認されているので、有効な方法だと思います。

電気・ガス等の公共料金領収書だけでなく、携帯電話やインターネットの支払証明書や住民票にも住所が記載されていると思うので、公共料金の領収書が親名義になっている方は、これらの自分名義になっている資料を使って申請してみてください。

 

KYC画面への簡単アクセス方法

現在BitclubのKYCページへ直接飛ぶためのリンクが設置されていない(見つけられてないだけかも)ですが、自分のKYCページへ簡単にアクセスできる方法があります。

自分のアカウントにログインしてから、直接下記URLを打ち込めばアクセスできます。

上記URLを打ち込むと、下記の画面に移ります。

Statusの部分がAPPROVEDになっていればKYCの承認がおりた事になります。

自分のメインアカウントのKYCをAPPROVEDの状態に出来たら、そこからサブアカウントを一括でKYC認証させる事ができます。

 

サブアカウントのKYC一括認証のやり方

前項で説明した通り、自分のメインアカウントのKYCが認証済みでないとこの一括登録は出来ません。

メインアカウントのKYCが承認された後、「MY ACCOUNT」から「SUPPORT TICKETS」に行き、運営に対して「サブアカウントのKYCの承認をお願いします」という依頼をかけます。

なんだそんな事かって思うかもしれないですが、自分の場合20を超えるサブアカウントを持っているので、このKYC登録を1件1件やらずに済むのは非常に助かりましたw

日本語でのサポートチケット作成も出来ますが、自分の場合は英語で依頼して、無事承認をもらう事が出来ました。

あくまで一例ですが、自分が依頼した時の内容を参考まで載せておきます。

※日本語で依頼をしたい場合はSELECT LANGUAGEをJAPANESEにしてください。

自分の場合はENGLISHで、SELECT TOPICSは「General Support」、SUBJECTはApproval of KYC registration(KYC登録の承認)と言う題名にし、HOW CAN WE HELP?の赤枠欄に下記文章を書いて依頼をかけました。

依頼文章は至ってシンプルで、既にメインアカウントのKYCは承認済みなんで、下記のサブアカウントの認証お願いします~って感じです。

言語選択で日本語が選べるので無理に英語にする必要も無いと思うんですが、どうも自分の固定観念で仮想通貨関連の海外サイトでは英語で依頼したほうがスムーズに進むような気がしちゃうんですよねw

自分の場合はこの内容で依頼してから、1週間ちょいで完了しました。

※2019年7月27日追記
上記で説明した一括登録方法で申請してもダメだったという報告がありました。1点1点全てのアカウントで個別申請して下さい、と運営から返信が来たとの事です。。

こればかりはビットクラブの方針なので、時間かけて個別に申請するしかなさそうです。

少し時間がかかるかもしれませんが、今のうちにKYC認証は済ませておきましょう。

 

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank