5月22日はビットコイン・ピザデー / 9年前はピザ2枚が10,000BTC【ビットコインの価格推移と今後について】

さかのぼる事約10年半前の2008年10月に、ビットコインの開発者であるナカモト・サトシによって初めてビットコインに関する論文が公開されました。

そして2009年にビットコインのソフトウェアがネット上に「オープンソース」という形でリリースされ、2009年1月3日にビットコインのジェネシスブロック(一番最初に生成されたブロック)が採掘されました。

もちろん初回ブロックはナカモト・サトシのPCによってマイニングされてます。

ビットコインの生い立ちから世界に知られるようになるまでの歴史は、「デジタル・ゴールド」という書籍に詳しく記載されています。

自分はこの本を読んで、ビットコインに更にハマりましたw
読み物としても非常にオススメです。


デジタル・ゴールド--ビットコイン、その知られざる物語

 

その後、アメリカ在住のLaszlo Hanyecz(ラズロ・ハニエツ)氏が「ビットコインフォーラム」というサイトから「10,000ビットコインとピザ2枚」の交換を希望する書き込みをしました。


Laszlo Hanyecz(ラズロ・ハニエツ)氏

当然その当時ビットコインなんてほとんどの人は知らないですし、ビットコイン決済を導入しているピザ屋もありませんが、ビットコインフォーラムの書き込みを見つけたJeremy Sturdivant(ジェレミー・スターディバント)氏がクレジット決済でピザ屋に支払いをし、ラズロ氏にピザを届けました。

ピザが届いた後、ラズロ氏からジェレミー氏に10,000BTCの支払いを行い、間接的ではあるものの初の「ビットコイン決済」が成立しました。

この初めてのビットコイン決済が行われたのが2010年5月22日で、アメリカを中心としたクリプト界隈ではこの日を「Bitcoin Pizza Day」と呼んでいます。

肝心のビットコインの価格ですが、なんと当時はまだ1BTC=約0.2円ほどの価値しかなく、10,000BTCで約2,000円(当時のドル円レート換算で約25ドル)の価値しかありませんでした。

2010年5月時点では10,000BTCでピザ2枚(約25ドル)をやっと買えたのが、2019年5月22日時点では10,000BTCは約8千万ドル(88億円)相当になるので、同じピザが320万枚買える事になりますw

2009年からのビットコインの価格推移はJP BITCOIN.COMに分かり易くまとめられています。


データ参照:JPBITCOIN.COM

タラレバの極みですが、ラズロ氏は手持ちのビットコインをほとんどこのピザ購入に使ってしまったというのですから、悔やんでも悔やみ切れないですね。。

下記に簡単にこれまでのビットコインの価格推移を、JPBITCOIN.COMから抜粋する形で追ってみましょう。

🔹2009年1月3日:0円
ビットコインの初めてのブロックが誕生

🔹2009年10月5日:0.07円
初めてビットコインに値段が付く。
New Liberty Standard社によって法定通貨との交換レートが示された。
価格の根拠は当時のビットコインのマイニングに必要だった電気代で算出。

🔹2010年5月22日:0.2円
前述したビットコインでピザを購入した時の価格。

🔹2010年7月18日:7円
あの悪名高い取引所:Mt.Goxでビットコインの販売が始まる。
※この時点で0.07円から100倍の価格に。

🔹2011年6月12日:1,489円
メディアから注目され初のビットコインバブルが発生。
価格急騰し一時31.91ドルを記録する。

🔹2012年5月09日:402円
FBIのビットコインに関するレポートが流出し、1BTC=402円まで大暴落。

🔹2012年11月28日:1,013円
初の半減期(50BTC⇒25BTC)を迎える。

🔹2013年12月4日:123,100円
日本のNHKで初めてビットコインに関する特集が放送される。
※この時点で0.07円から約176万倍の価格に。

🔹2014年2月24日:18,280円
ハッキング被害により当時世界最大のビットコイン取引所だったMt.Goxが閉鎖される。この事件が元でビットコインを何らかの形で失う事を「Gox」と呼ぶようになる。価格は18,280円まで大幅下落。

🔹2014年4月1日:49,614円
Zaifの前身であるetwings社でサービス開始。
現実的な話として、日本の取引所で取り扱いが始まった2014年4月に約50,000円/BTCで購入していれば、2019年5月22日時点の1BTC=860,000円~880,000円で計算すると、約17倍~17.5倍になっているという事ですね。

🔹2015年8月15日:33,277円
ビットコインのフォーク版であるBitcoin XTがリリース。ビットコインコミュニティの初の分裂。

🔹2016年7月9日:66,794円
2回目の半減期を迎えマイニング報酬が25BTCから12.5BTCへ減少。

🔹2017年1月5日:110,986円
日本円でのビットコイン取引が過熱し、2013年以来の高値を記録。

🔹2017年8月1日:298,849円
スケーラビリティ問題解決に対する意見の相違から、ビットコインのブロックチェーンが分裂(ハードフォーク)し、新たにビットコインキャッシュが誕生。

🔹2017年12月8日:1,942,438円
日本円ベースでのビットコイン取引で史上最高価格である2,350,517円を記録。この時がまさにバブルの絶頂時。※この時点で0.07円から約2,775万倍の価格に。

そしてこの後、2018年に入り仮想通貨バブルが弾け、暗黒の時代に突入します。

2018年は下落に下落を続け、2018年12月には一時35万円ほどまで落ちました。

2019年に入ってからもしばらく40万円台の低空飛行を続けていましたが、3月頃から徐々に価格上昇に転じ、2019年5月23日時点で1BTC=86~88万円前後を記録しています。

今後ビットコインの価格に大きく影響がありそうなイベントは、「3回目を迎える半減期」「ビットコインのETF承認」の2つでしょう。

次回半減期はこのままのペースでマイニングが進むと2020年の5月~6月頃になる予定で、現在の12.5BTCから6.25BTCへマイニング報酬が半減します。

市場に出回るビットコインの量が減る事により、ビットコインの価値が希少化し価格が上昇するという理論です。

過去2回発生している実際の半減期を振り返ると、半減期の前後1年の間で価格が急騰するという特徴が出ています。

つまり、約1年後に半減期を迎えた今現在、これまでの経緯をなぞるならば、これからビットコインの価格が上昇していく可能性が高という事です。

半減期の価格検証については、以前記事にしているので是非見てみてください。

✅2020年に迫るビットコインの半減期【価格上昇のタイミングを過去データから考察】

そしてもう一つのイベントはアメリカでのビットコインETF承認です。

ETF(上場投資信託)は簡単に言うと、証券取引所にビットコインが一つの銘柄として上場し、株式と同様に購入できるようになる事です。

株式に投入されている資金がビットコインに流入し、機関投資家の参入を見込めると考えられています。

これについては2018年から散々話題にあがっていますが、正直未だ時間がかかると思ってます。

ビットコインの取引高はまだ1日あたり2.5~3兆円程度で、常々価格操作疑惑が疑われており、その価格操作疑惑の筆頭であるTether社とBitfinex社の根深い闇も一層深まっているからです。

また記事にしようと思いますが、Tether社に代表されるような仮想通貨界隈の「癌」を取り除かない限り、まずETFは承認される事はないでしょう。

事実、大本命と目されていたVanEckが申請していたビットコインETFが、5月21日にアメリカのSECから承認延期されてます。

ETF承認にはまだ時間がかかりそうですが、半減期が延期される事はないので、目先の一大イベントはやはりビットコインの3回目の半減期でしょう。

来年2020年5月22日のビットコイン・ピザデーに半減期が重なるような偶然も、もしかしたら起こるかもしれませんね。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank