Bitcoin SV(BSV):大きな可能性を秘めたもう一つのビットコイン【特徴・魅力・将来性など】

先日まで自分がホールドしていた仮想通貨は、Bitcoin(BTC)、Binance Coin(BNB)、XEX token(XEX)の3種類だったのですが、今回4種類目の仮想通貨を新たに購入しました。

それは、2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークして生まれたBitcoin SV(BSV)という仮想通貨です。

ビットコインやライトコイン、イーサ、ビットコインキャッシュ(BCH)、XRP等の主要コインと比べると知名度は低く、Twitterやブログなどでもイマイチ盛り上がりに欠けますw

BSV支持者はコアな人たちが多く、ビットコイン原理主義者(過激派)のようなイメージもあり、自分もちょっと敬遠していたところはあったのですが、BSVから大きな可能性を感じ今回仮想通貨ポートフォリオに組み込みました。

数量は20BSVほどと微々たる額ですがw

BSVが誕生した経緯や、BCHとの関係・イザコザはちょっと複雑でややこしいので、今回それらの細かい点は省き、「なぜBSVを買ったのか?」と「BSVの将来性」についてまとめてみました。

 

Bitcoin SV(BSV)の基本情報

まずはビットコインとの比較から。
最大発行枚数やアルゴリズム、ブロック生成時間、半減期などのルールはビットコインやビットコインキャッシュと変わりませんが、大きな違いはブロックサイズです。

✅Bitcoin SV公式ホームページ

もともと、ブロックサイズが小さい事(1MB)によるスケーリング問題の解決方法で、ビットコイン内のコミュニティに意見の相違が発生し、ビットコインキャッシュ(BCH)が生まれました。

そしてのそのBCHコミュニティ内でも意見の相違が生まれ、ハードフォークして生まれたのがBitcoin SV(BSV)です。

BSVの主要クライアント(開発チーム)はnChainという会社で、チーフエンジニアはナカモト・サトシを自称するCraig S Wright氏です。

このCraig氏がナカモト・サトシを自称している事については、色々と議論がありますが、自分にとってはそれがBSVを支持する一番の理由ではないので、ここでの説明は省きますw

ビットコインがライトニングネットワークといったセカンドレイヤー(メインのブロックチェーン外で取引を処理)でスケーリングを目指すスタンスに対して、BCHはあくまでメインのブロックチェーン上で取引を処理するスタンスでした。

界隈ではビットコインを「スモールブロック派」、BCHを「ビックブロック派」と呼んだりしてます。

BCHからハードフォークしたBSVは、BCHよりも更に強い「ビックブロック派」思考で、上記で分かるように現在のBSVブロックサイズはビットコインの128倍にあたる、128MB仕様になっています。

 

BCHの魅力がなくなってしまった件

ハードフォーク以前は自分もBCHホルダーで、ビットコインで実現が難しそうなオンチェーン・スケーリングの可能性に魅力を感じていました。

かくして2018年11月にハードフォークが実行され、BCH(BCHABC)とBSV(BCHSV)に別れてしまった訳ですが、この後BCH陣営が明らかにした開発内容が非常に残念なものでした。

🔹チェックポイント機能を実装
簡単に言うと、マイニングに参加しているマイナーではなく、BCHの開発チームが取引の正当性を決めるという事です。チェックポイントを設定すると、それ以前のブロックが無条件に正しいデータだと認識され、改ざん不可能なものになります。

これ文面だけみると、reorg(ブロック巻き戻し)攻撃を防げるから良いじゃん!って思えますが、ビットコインのキモでもあるProof of Work(PoW)を放棄したと同義です。

常に持てるハッシュパワー(電気代)を投入し、マイナー同士で競い合いながらブロックを繋げていく(正しい答えを見つける)からこそ中立性と透明性が確保できていたのに、これではもはやPoS通貨やXRPと変わりません。

もっと言うと、他のPoS通貨やXRPのほうが送金スピード早いし&安いので、BCHをわざわざ使う意味もないですよね。

またチェックポイントの実装を何のアナウンスもなく、開発チームの独断で実装したのも不信感が募ります。

 

🔹シュノア(Schnorr)署名の実装
先日2019年5月15日に行われたBCHのハードフォークで実装された機能で、この機能はビットコインのSegwitのようにブロックに収納する取引データの容量を減らす効果と、匿名性を持たせる効果があります。

ビットコインからBCHがハードフォークした大きな要因がSegwitへの反対だったはずなのに、なぜ今更?という思いと、ビックブロックでのスケーリングを目指しているのであれば、この機能を実装する必要性がイマイチ分かりません。。

BCHの目指す先が良く分からない、というか迷走しているように感じます。

 

🔹半年毎に計画されているハードフォーク
BCHは毎年5月と11月の半年毎にハードフォークを計画していますが、先日5月15日に行われたハードフォークでは、ソフトウェアのバグに対してサイバー攻撃を受け、ブロック生成が出来ないという問題に直面しました。

当然その間の送受金は一時麻痺しました。

ハードフォークをすると、それ以前のブロックチェーンとは互換性がなくなり、バグやサイバー攻撃だけでなく、実際にBCHを使用しているユーザーや取引所にも不測の事態を引き起こしかねません。

BCHのスタンスとしては、色々な機能を付け加えていく「多機能化」路線に走っている感があり、ハードフォークの重要性を軽視しているように思えてなりません。

長い目で見た時に、開発陣営・ユーザー共に、半年毎にアップデートが必要な仮想通貨に定着するとは考えられませんし、広く普及するとも思えません。

 

BSVを購入した理由

やはり一番の理由は、ビックブロック(128MB)をベースとしたオンチェーンでのスケーリングを追求している点です。

実際にメインのチェーンでは最大128MB、テストネット(試験用のチェーン)では1.4GBまでブロック生成できるようになってきました。

尚、BSV陣営はロードマップで2019年内に2GBまでブロックサイズをあげる計画をしてます。

これがどれくらい凄いかは、ビットコインとBCHの実際のブロックサイズが1MB程度であるという事からも明白です。

※BCHは仕様上は32MBですが、直近の平均ブロックサイズは1MBを下回っています。

そして、ビットコインはこのまま進むと、2140年までに最大発行枚数である2,100万BTCをマイニングし尽くす予定になっており、以降のマイニングでは新たにビットコインの報酬は得られなくなり、送金手数料のみがマイナーの報酬になってきます。

その時、現状の1MBのブロックに収納できるトランザクション容量だと、とても送金手数料のみ(BTCブロック報酬抜き)ではマイナーは収益を出せなくなります。

もし、送金手数料だけでマイナーが収益を出せるような設定にすれば、その時は1件あたりの送金手数料が数万円~なんて事にもなり兼ねなく、ユーザーは離れていってしまいます。

「マイナーが収益を出せない」=「チェーンが維持されない」を意味し、ビットコインは電子ゴミとなります。

その点、BSVはビットコインの数千~数万倍にあたるブロックサイズなので、1つのブロックに収納できるトランザクション数を劇的に増やすことができ、「取引手数料」が「ブロック報酬」を超える事も不可能ではありません。

上記が成り立てば、BSVのチェーンは半永久的に稼働し続ける事になります。

これはまだまだずっと先の話で、将来ビットコインがスケーラビィティ問題を解決している可能性は十分にありますが、現時点ではBSVが一番スケーリング問題に対して真正面から取り組んでいます。


BTC/BCH/BSV比較表

 

また、Bitcoin SVの名称にもなっているSVは「Satoshi Vision」を意味しており、ナカモト・サトシが発表したビットコインのホワイトペーパーを忠実に再現する事に重きを置いています。

ごちゃごちゃと余計な機能は実装せず、ビックブロックによるスケーラビリティの解決を第一に考えています。

ビックブロックゆえに、トランザクションがうまく伝播せず、ブロック生成が出来なかったり、ハッシュレートがBTCに遠く及ばない点など、BSVがクリアーしていくべき課題も沢山あるのは事実です。

ただ、現状ビットコインでは、メインチェーンでのスケーリング解決が非常に困難な状況で、また一方でBCHの迷走っぷりを見てると、BSVが唯一PoWでのオンチェーン・スケーリングが可能な仮想通貨ではないか、という期待も含めBSVを少量購入する事にしました。

 

BTC、BCH、BSVのハッシュレート比較

過去半年間の3通貨のハッシュレート推移は下記です。


データ参照:BitInfoCharts.com(https://bitinfocharts.com/)

5月26日時点のハッシュレートです。
1)Bitcoin:51.71 Eh/s
2)Bitcoin Cash:2.40 Eh/s
3)Bitcoin SV:0.61 Eh/s

Eh/s(エクサハッシュ)という単位は、1秒間に100京回の演算処理が可能と言う意味です。

ハッシュレートの比較では、BTCが圧倒的で、BCHの約21倍、BSVの約85倍です。

これはそれだけ多くのマイナーがマイニングに参加している事を意味し、おのずとハッシュレートの過半数を支配してチェーンの改ざんを図る「51%攻撃」の難易度に繋がり、セキュリティの高さを表しているとも言えます。

ハッシュレートに関しては現状BSVはBCH以下なので、今後ユーザーだけでなくマイナーを呼び込む為にも、ビックブロックでのスケーリングを安定稼働させる事がマストです。

また上位のマイニング参加者の割合(others含めず)についても、BTCとBCHは上位11社~12社で全体の90%程のシェアを構成しているのに対して、BSVは上位5社で全体の約90%を占めています。

一部の大手マイナーでの寡占化がBTC、BCHに比べて割合が大きいので、マイナーの分散化も現状の懸念点・今後の課題点です。


データ参照:Coin Dance / マイナー分布図

 

仮想通貨のポートフォリオ

BSV購入後の2019年5月26日時点のポートフォリオです。
※以前まで保有していたDASHはBNBに換えました。

BSVの全体に占める割合は約2%と大きくないですが、今後の動向によっては買い増ししていこうと考えています。

BSVには大きな可能性を感じている一方、まだまだBTCのハッシュート、知名度、流動性、実需(アアダプション)には遠く及ばないので、自分のポートフォリオは現状BTCメインです。

これで自分もイチBitcoin SVホルダーになったので、今後BSVの動向や記事も上げていきたいと思います。

ビックブロックのスケーリングには夢がヒロガリングです♪

※Binance Coin(BNB)やCross ExchangeのXEXトークン(XEX)については、過去記事あるのでご参照下さい。

✅Binance(バイナンス)コインの基本情報と将来性について【BNB】

✅CROSS exchangeの収益分配プランに資金投入【初回配当もらいました】

 

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank