Coinmarket Capで調べもの・有力アルトコインの検索方法

仮想通貨やってる人なら一度は使った事があるCoinmarket Cap
仮想通貨の調べものをするときは、みなさん大体このサイトを使っているのでないでしょうか。

・上場している仮想通貨の数
・取引所数
・仮想通貨全体の時価総額
・各通貨のドミナンス(全体を100%とした時の市場占有率)
・各仮想通貨の時価総額、チャート、値段、供給数、24時間取引高
・各取引所の24時間取引高、7日間取引高、30日間取引

ざっくりこれらの事がCoinmarket Capで調べられます。
各通貨の過去のチャート等も調べられるので、非常に重宝します。

自分は何か有望な隠れたアルトコインがないか調べる時に、このサイトで各種ソートしてチェックします。

今の最悪な相場ではアルトコインを持つことはオススメしませんが、BTC価格底打 ⇒ BTC過去最高値更新の後に、アルトコイン爆上げが来ると予想しているので、その時に備え有望なアルトコインを探しておいて損はないと思います。

今はアルトコインをホールドする時期ではないと思うのですが、主要通貨に比べると、爆上げした時の伸び率が10倍以上を軽く見込める為、自分は宝探しの気分で、勉強も含め定期的にチェックしています。

そこで、自分が考える、今後価格上昇に必要な要素を何点かピックアップして探してみました。

有望アルトコイン検索条件

時価総額100位以下  大きな伸びしろに期待できる
時価総額100億円以下  大きな伸びしろに期待できる
24時間取引高10億円以上 ⇒ BTC、ETH、USDTへのスムーズな換金に流動性必須
上場している取引所が3つ以上 ⇒ 資産分散、取引所Gox対策
(且つすべての取引所の24時間取引高1億円以上)
取引所トークン以外

*コイン自体の価値やプロジェクトの関連団体・個人の調査は、上記ソーティング後に行う。

18年9/9時点のCoinmarket Capデータ参照で、上記条件に当てはまるコインは下記3種類。

 

Gifto (時価総額:128位)

【取引所】OKEx、Kryptono、Binance等で上場

Arcblock (時価総額:137位)

【取引所】Bitthumb、LBank、Huobi等で上場

TrueChain(時価総額:165位)

【取引所】OKEx、OEX、Bithumb等で上場

 

*検索条件の「24時間取引高 10億円以上」でヒット数が大幅に削られているので、この設定を5億円以上~3億円以上等にすれば、それなりの数のアルトコインがヒットしてくると思うので、そこは自分で基準を設けてチェックします。

仮想通貨は株と違って、一つの取引所だけなく複数の取引所で上場しているケースが多いですが、反面各々の取引所での取引金額には非常にバラつきがあります。

たとえ将来性のある通貨でも、デイリーで数十万円しか取引がなく、売りたい時に売れないというケースは往々に出てくる話だと考えています。

特に仮想通貨はボラティリティ(価格の変動幅)が非常に大きい為、「トレードしたい時にスムーズにトレードできる流動性がある」という点は、非常に重要なポイントになってきます。

また上記であげたソーティング条件に加えて、その仮想通貨自体の「価値」が重要になってきます。上記3つの仮想通貨の「プロジェクトにかかわっている人物・団体」「ホワイトペーパー」「通貨自体のシステム」等検証が必要になります。

Twitterなどでインフルエンサーが中心になって話題になってからでは遅い事がほとんどなので、アルトコインに興味がある人は自力で探し当てる事は重要です。

自分も仮想通貨始めた頃は、他人からのまた聞きや、話題になっている草コインに手を出していましたが、自分で考えて選んだモノじゃないので、少しの価格下落で一喜一憂したり、手放したりと戦績は散々なものでしたw

話は戻りますが、今回私のソーティング方法でピックアップした3種類の仮想通貨から、どれか一つ近々ブログで検証記事書いてみたいと思います。

まだどれにするか決めかねてますが、Gifto、Arkblock、True Chainどれからの記事がアップされていたら、確認してみて下さい。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank