主要仮想通貨の直近1年間のパフォーマンス比較と現在のポートフォリオ

つい先日、中国での仮想通貨規制強化のニュースが報じられてから、ビットコインの価格下落につられるようにほぼ全ての仮想通貨が下落しています。

2017年から仮想通貨に参加している側からすると見慣れた光景ですが、TwitterをはじめとしたSNSでの仮想通貨の過疎っぷりには拍車がかかっています。

最近はもっぱらアメリカ株への投資に集中し、ポートフォリオの比率調整を行っており、仮想通貨のニュースはSNSでチェックする程度ですが、やっぱりまだまだ仮想通貨が世に必要とされるまでには時間がかかりそうですね。

1年前にはあんなに頻繁に報じられていたビットコインETFの話題は、最近はめっきり聞かなくなりましたしね。

現在自分が保有している仮想通貨はビットコインがほぼ100%で、株と違って仮想通貨に関してはまったくと言っていいほど分散していません。

その理由は2019年11月現在の仮想通貨の時価総額約21兆円のうち、ビットコインの割合は全体の65%~70%を占めており、依然として仮想通貨購入の際の基軸通貨になっています。

画像引用:Coin Market Cap / 仮想通貨ドミナンス

 

そして、これも仮想通貨有史以来変わっていない事で、結局ステーブルコインを除くほぼ全ての仮想通貨はビットコインの値動きに連動します。

まぁビットコインが全体の65%~70%を占めているので、当たり前と言ったら当たり前ですが。

BNB(バイナンスコイン)は例外として、主要仮想通貨の直近1年間のパフォーマンスも、結局ビットコインが他のアルトコインを大きく上回っています。

データ引用:みんなの仮想通貨 / 直近1年間のパフォーマンス

 

下記は1年前の価格から現在(2019年11月23日)の価格を比較して、いくらプラスマイナスしているかの比較です。(100%で価格2倍)

✅ビットコイン(BTC)
471,000円 → 782,330円  +66.0%UP

✅イーサリアム(ETH)
13,200円 → 16,330円 +23.7%UP

✅リップル(XRP)
41.94円 → 25.01円 ▲40.4%DOWN

ビットコインキャッシュ(BCH)
19,360円 → 22,420円 +15.8%UP

✅ライトコイン(LTC)
3,830円 → 5,070円 +32.4%UP

✅バイナンスコイン(BNB)
590円 → 1,660円 +181.4%UP

 

データ引用:みんなの仮想通貨 / 直近1年間のパフォーマンス

 

まだ時価総額TOP10のアルトコインはそこそこの成績ですが、それ以下になるとパフォーマンスがガタっと落ちます。

✅イオス(EOS)
330円 → 281円  ▲14.8%DOWN

✅ビットコインSV(BSV)
25,640円 → 10,260円  ▲60.0%DOWN

✅ステラ(XLM)
18.5円 → 6.4円  ▲65.4%DOWN

✅トロン(TRX)
1.69円 → 1.55円  ▲8.3%DOWN

✅エイダコイン(ADA)
4.65円 → 4.01円  ▲13.8%DOWN

✅モネロ(XMR)
6,670円 → 5510円  ▲17.4%DOWN

 

上記の通り、直近1年間のパフォーマンスは一部BNBやBTCを除き軒並み全滅です。

更に時価総額下位の仮想通貨に至っては、ほぼ無価値&流動性無しと、既に死んでいるアルトコイン多数です。

一部海外では仮想通貨時価総額TOP10~20に分散投資していく積立サービスがあり、年間パフォーマンスは良好な結果が出ているようですが、現在の法整備状況では外部の第三者に管理を任せる事が自体がリスクなので、自分の中ではやはりビットコイン一択なんですよね。

管理者・監視者がいない、鉄壁のセキュリティ(ハッシュパワー)、パーミッションレスの3点で現状No1はビットコインである事は間違いないですし、仮想通貨の中で一番ボラティリティが低いのもビットコインです。

まだまだ仮想通貨が法的にも、一部のサービスとして世に認められるのには時間がかかりそうで、現時点で多くのアルトコインが前面にPRしている送金スピードや処理件数、スマートコントラクト等の機能面でのアドバンテージは無いに等しいでしょう。

今度も価格の急上昇、急降下を繰り返しながら仮想通貨市場は成長していくと予想していますが、少なくともここ数年でビットコイン以上のパフォーマンスをあげられる仮想通貨を探しだすのは、株式市場でテンバガー株を見つけ出すより難しく、かつリスクが大きいのではないでしょうか。

上記から、仮想通貨に関しては、しばらくはアルトコインは触らずに、買い場をうかがいながら細々とビットコインを集めていこうと考えています。

さて、そんな私の現金を含めた現在の全資産ですが、下記のような割合になっています。

直近のビットコイン価格の下落と、アメリカ株投資へのシフトチェンジによって、仮想通貨の資産割合が減ってきましたが、それでもまだ40%近くが仮想通貨で占められています。。

今後しばらくはアメリカ株への投資に集中し、ゆくゆくは仮想通貨の割合は10~15%位にまで落としていこうと考えています。

それにしてもなんともイビツなポートフォリオで、改めてまとめてみると、どれだけ仮想通貨に妄信してお金をツッコンでいたかが分かりますね…

また2020年の年明けにMYポートフォリオをまとめてみて、資産分散の割合を逐一チェックしていこうと思います。

仮想通貨・ビットコインの関連記事です。
✅2020年に迫るビットコインの半減期【価格上昇のタイミングを過去データから考察】

 

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank