【配当】Fcoin取引所:FTトークンの特徴と魅力【理財アカウント】

Fcoinは元Huobi最高技術責任者の張健さんが設立した取引所です。
5月中旬頃にたまたまTwitterで知った取引所でした。当時は買った仮想通貨がほぼ例外なく下落しており、仮想通貨取引に嫌気が差しかけていた時だったような記憶があります。

一方でBNBやHTといった取引所トークンが、資産避難場所になり下落していなかった事を把握していたので、何か良い取引所トークンがないかなーと、探していた時でした。

このFTトークンの凄いところは、FCoin発行のFTを保有している比率に応じて、取引所が配当還元するという仕組です。それも取引所手数料の80%を還元するっていうんですから、目を疑いました。。スキャム臭も強烈にぷんぷんしてましたがw

ただ、いかに仮想通貨取引所がボロ儲けしていたかは既に有名な話でしたし、何より元Huobiの最高技術責任者が立ち上げる取引所っていうところと、有名なファンドがFcoinに投資していたので、思い切ってFTトークン購入を決断しました。

まさにこれが大当たりで、FTトークン上場すぐのころ1枚=約12円(1FT=0.00020ETH)で買う事が出来ました。上記のチャートは当時のスクショで、この頃はFTはETHでしか買えませんでした。これがあっという間に、1FT=1USDT超えて確かATHで1.2USDT位まで伸びたと記憶してます。

そして下記が、実際の配当です。

画像が粗くて見えにくいですが、6/8に53USDT、0.0038BTC、0.0319ETHの配当が出てます。
これだけで当時のレートで、あわせて約12,000円の配当です。ちなみに、スクショは残ってないですが、6/8以降さらに配当額が増えてますw 200万円くらいのFT保有で、日利2%~3%(4万円~5万円)の配当が出てたわけですから、イナゴが大挙するわけですw

その後ある程度配当を受け取ったあと、ガチホせずに0.7USD~0.8USD程度で売り払いました。
この時のキャピタルゲインとインカムゲインで、17年末から18年6月までの損金を取り戻せる位挽回しました。このFcoinでの逆転がなかったら、今頃仮想通貨から退場していたと思います、ワリとガチでw

自慢話から一転、最近また約6円で約125,000枚のFTを再購入しました。

今のFcoinは手数料マイニングが終了し、当時のような狂った配当が出ていない事は分かっていましたが、今後の需要を先読みして購入しました。ただ絶賛赤字突入中&クソみたいな配当しかもらえないのは、分かっていてもツラいものがありますw

直近のFTトークン配当

ただ、今後のFcoinはいろんなポテンシャルを秘めていると考えてます。

レバレッジ取引が始まる事により、Fcoinの出来高UP(配当増)

理財アカウントにBTC、ETH、USDTを入れておくだけで日利0.05%
⇒現在トライアル中で、この日利については今後変更になる可能性有)

FONE取引ZONEで、自分の取引所をOpenする事が出来るようになる
⇒これが何を意味するかというと、自分の取引所で発生した手数料の80%が収益になる
⇒上場させたい仮想通貨を自分の取引所で上場させられる

下記は本日時点の私の理財アカウントで、約2.5USDTが利息で貯まってますよって意味です。
配当は日々つきますが、払い出しは毎週日曜日の週一回という規定になってます。
*実際に先週3日分の利息7.5USDT(5,000USDT x 0.05% x 3days)が、月曜日にちゃんと振り込まれてました。

理財アカウント 預入金額と累計配当

FcoinはこれまでFIやFcandy等の、いろいろなトークン・プロジェクトを発表してきました。
色々と迷走を重ねて、現在FI、Fcandy共に消滅してしまいましたが、失敗を恐れず、ここまで次から次へとプロジェクトを発表する取引所は見た事がないです。

Fcoinがこれまでの取引所の常識を変えてくれるんじゃないかと期待しているので、しばらくはFcoinの動向に注目していこうと思います。

お勧めの仮想通貨取引所

取引量やセキュリティ等総合的に考えて、初心者の方に一番お勧めできる取引所です。 bitbank